冬,ヒートショック,断熱性

内 旭市 小川ガラス
内 旭市 小川ガラス 内 旭市 小川ガラス 内 旭市 小川ガラス 内 旭市 小川ガラス
内 旭市 小川ガラス

  • HOME
  • 窓でヒートショックを防ぐ

窓でヒートショックを防ぐ

暖房の効いた部屋から浴室やトイレに移動したら、あまりの寒さに身震いしてしまった
ということは
ないでしょうか。
こうした住まいの温度差が、いわゆる「ヒートショック現象」を招くわけです。
実は、すぐに行える様々な対策があるのです。

ヒートショック」とは?

                   ヒートショック1.png
家の中で温度差の大きな場所へ移動した際、血圧が急激に変動することで、失神、心筋梗塞、脳梗塞などを
引き起こす現象です。

意外と認知度が低いヒートショック

ヒートショック2.png

成人の男女に対して行った調査によると、半数以上の人がヒートショックを知らない(「聞いたことがない」+
「聞いたことがあるがどのようなものかは知らない」)という事実が分かりました。

極端な温度差がヒートショックを引き起こす

居室に比べ暖房設備が整っていない浴室・洗面所やトイレ。それらの場所はもともと日当たりを配慮されない
ことが
多いため、同じ住まいの中でも10℃以上の大きな温度差が生まれます。
それがヒートショックを起こすリスクを高めるのです。

                       ヒートショック3.png

実際に、ヒートショックが原因で入浴中に亡くなった方は交通事故死者数を大幅に上回ります。
東京都健康長寿医療センター研究所(東京都老人総合研究所)の研究では、2011年の1年間、
ヒートショックに関連した入浴中急死をした人は全国で約17,000人と推計され、交通事故による
死亡者数(4,611人)をはるかに上回ります。
他人事としては軽視できない状況です。

                                     ヒートショック4.png

冬場は特に気を付けたいヒートショック
入浴中に心肺機能停止となる人は冬場に多く、もっとも多い1月は8月のおおよそ11倍。
寒い季節は特にヒートショックに対する注意が必要です。

ヒートショック5.png

急激な温度の変化には要注意

暖房で暖まった居室から、寒い廊下を通り、さらに脱衣所で衣服を脱いで浴室に入ると、
血管が縮んで血圧が急上昇。
ところがお湯につかると血管が広がって、逆に血圧が下降します。
同じように、布団の中からトイレへの移動時も血圧が急激に変動。
こうした血圧の乱高下は心臓に負担をかけることになるのです。

                 ヒートショック6.png

     ヒートショック7.png           ヒートショック8.png

暖房がある部屋も、窓辺に近い場所は寒い

「エアコンの温度設定をいくら上げても足元が寒い」という経験はありませんか?
それは、窓の断熱性の低いことが考えられます。
冷えた窓によって空気が冷やされ、下降気流となって足元をスースーと冷やします。
いわゆる「コールドドラフト現象」と呼ばれるものです。

ヒートショックになりやすい人は?
次のいずれかの条件にあてはまる人は、ヒートショックの影響を受けやすいと言えます。
高齢者だけでなく若い人にあてはまるもので、年齢に関係なく注意したいところです。

ヒートショック9.png

かんたん実行ヒートショック対策

 ヒートショック10.png       ヒートショック11.png

 ヒートショック12.png      ヒートショック13.png

 ヒートショック14.png      ヒートショック15.png

 ヒートショック16.png


どんな場所も”暖かい環境づくり”が大切
普段から心がけはもちろんですが、家全体が冷え切った状態にならない工夫も大切です。
日当たりの良い南側はリビングや居室として利用されることが多く、浴室やトイレは北側に設置されがち。
当然、あまり日が差さない場所は冷え込んでしまいます。
とはいえ、全ての部屋に暖房をいれるわけにはいかないし・・・。
さて、どうしましょうか?


ポイントはずばり”開口部

熱の多くは窓やドアから逃げていく

住まいの開口部(窓やドア)は多くの熱が出入りし、冬は52%もの熱がそこから逃げてしまいます。
冬の寒さの主な原因は、アルミサッシや単板ガラスなどの断熱性の低い窓。
断熱化されていない浴室や窓からは容易に熱が逃げ出していると考えられます。

                ヒートショック17.png



ヒートショックの軽減に「窓」が一役買います!
樹脂窓・二重窓で断熱性をアップ。

ヒートショック18.png


開口部の断熱性を高めるため、大掛かりな工事をする必要はありません。
熱を通しにくい樹脂フレームの窓(Low-E複層ガラス)にしたり、内側にもう一つ窓を付けたりすることで
断熱性は
グンと高まります。
新築でも樹脂窓を採用すれば、室内をずっと暖かな環境にすることが期待できます。
これにより、居室との温度差を解消し、ヒートショックによる事故を未然に抑制することが可能に。
浴室ではバスタイムがより快適になり、心臓や血管に負担を与えない健康な生活にもつながります。


万一に備えて浴室扉は取り外せるように

ヒートショック対策は万全でも、浴室で事故が起こらないとは限りません。
洗い場に倒れてしまった場合、浴室の扉が内開きだと体で扉が塞がれることが考えられます。
そうした事態に備えるために、脱衣所側から速やかな取り外しが出来る扉を採用することも
おすすめします。


                 ヒートショック19.png



”ヒートショック対策”におすすめのリフォーム

かんたんマドリモ 樹脂窓浴室仕様
1窓約2時間~半日※で施工OK!

                     ヒートショック20.png

システムバスのリフォームと一緒に窓を交換すれば、浴室が新築同様に生まれ変わります。
窓が原因の冷え込み対策などを効果的に軽減します。

                                                                 詳しくはこちらから

かんたんマドリモ 内窓プラマードU 浴室仕様
1窓約60分※で施工OK

                   ヒートショック21.png

今ある窓の内側に取付け、簡単に二重窓に出来る内窓タイプ。
樹脂製の窓なので熱を伝えにくく、窓からの冷気を抑え、バスタイムも快適に。
騒音対策や音漏れ防止にもなります。


                                                                  詳しくはこちらから


かんたんマドリモ 樹脂窓
1窓約半日※で施工OK


                  ヒートショック22.png

今ある窓枠に新しい窓をかぶせて取付けて、窓をスピード交換。
古い窓を最新の窓に変えることで住まいの断熱性をアップします。


                                                                 詳しくはこちらから

かんたんマドリモ 内窓プラマードU
1窓約60分※で施工OK


                 ヒートショック23.png

かんたん施工で、いまある窓が二重窓に。
断熱効果が高まり、冷たい外気の影響を受けにくくなります。
マンションでも「専有部分」に当たる箇所なのでリフォーム可能です。
※マンションごとに管理組合の規約が違いますので、確認が必要です。


                                                                 詳しくはこちらから


小川ガラス店へのお問い合わせはこちらから

http://www.ogawa-g.com/contact/




 お得なキャンペーンも実施中!

 

エコ内窓プラマードU 節電リフォームで省エネ 腰高窓(単板ガラス)1000x800 3窓以上ご契約で設置費用無料  メーカーカタログ価格 40%OFF¥19,593 T-POINT 200ポイント貯まります 内 旭市 小川ガラス













内 旭市 小川ガラス 内 旭市 小川ガラス 内 旭市 小川ガラス
内 旭市 小川ガラス